猫の食事、何か気を付けることはある?

猫の食事の基本的なこととして、キャットフードを与えます。

人間が食べるものは、猫にとって害となってしまうものも少なくありませんので、人間が食べるものは与えずキャットフード、または、猫用のおやつのみを与えるようにしましょう。

その他のポイントとして3つ紹介します。

年齢に合ったフード

キャットフードのパッケージを見ると「仔猫用」「成猫用」「○歳以上」など対象年齢が表示されているものを多く見かけます。

これは、年齢によって必要な栄養素の量が違う為、それぞれ年齢に応じた栄養配分がされている訳です。

その為、キャットフードを選ぶ際は、対象年齢に合ったフードを選ぶことがポイントとなります。

体重に合わせたフード選び

キャットフードを与える量は、体重に合わせて変わってきます。

また、肥満傾向のある猫の場合には、標準体重を目安に与えると同時に必要に応じて「体重管理フード」を選ぶことをおすすめします。

特に、去勢・避妊手術をしている猫の場合、肥満傾向に陥りやすい特徴がある為、標準体重より重い傾向のある猫には「体重管理フード」を与えると良いでしょう。

たまにはフードを変えてあげる

猫は、毎日同じフードばかり与えていると飽きてしまうのかある日突然、食べなくなってしまうなんてことも珍しくありません。

急に食べない理由がフードであれば問題ありませんが、病気が潜んでいる場合は発見が遅れてしまうことも・・・

毎回同じフードを購入するのではなく、何種類かをローテーションして飽きさせないよう気を付けてあげましょう。

このページの先頭へ