ペット保険はどれが良い!?保険選びのポイント

No03-001

ペットの急な病気や怪我にも対応しやすいペット保険。

ペットの医療費は、思いのほか高額となってしまうケースも珍しくなく、こうした急な出費に備えペット保険に加入を検討される飼い主さんが年々増加傾向にあります。

しかし、いざペット保険に加入しようとすると気になるのがどのペット保険に入れば良いのか?という点ですね。

一口にペット保険といっても、保障内容や掛け金などは保険会社によって様々な為、どの保険にしようか迷ってしまいなかなか決められないという飼い主さんも少なくありません。

そこで、ペット保険を選ぶ際、どういった部分を見ていけば良いのか?
3つのポイントに絞って紹介します。

ペット保険を選ぶ時はここを見る!保険選びの3つのポイント

保障割合の掛け金のバランス

ペット保険に入っていれば医療費が発生した場合、100%保障されるかといえばそういう訳ではありません。

もちろん保険の内容によっては、100%保障してくれるものもありますが、多くの場合、保障割合は50~70%というものが多いのが特徴。

保障割合によっても掛け金が変わってきますが、例えば、ペットの医療費が発生した際、急な出費にいくらくらいなら対応できるか、また、保障割合に対して掛け金が高額でないかなど総合的に見て、決めていくことをおすすめします。

また、全ての医療費に対応しているのか?手術や入院などのみに特化しているのか?など、保険によって差がありますので、こうした部分も比較してみましょう。

日額制限、回数制限、年間補償限度額を比較

ペットの急な病気や怪我というのは、1回だけとは限りませんね。

場合によっては、一つの病気や怪我に対して何度も通院が必要となるケースや年に一度のみならず何度か病気や怪我を起こしてしまう可能性だってゼロではありません。

そんな時、加入する保険がどこまで対応してくれるのかを加入前に比較しておくと良いでしょう。

チェックするポイントは以下の3つ、

  1. 日額制限はあるのか?
  2. 回数制限はあるのか?
  3. 年間補償限度額はいくらか?

という点です。

掛け金は手頃でも、この3つの制限が厳しいと保障額では全く足りずに場合によってはペット保険に加入した意味がないとまで言ってしまっても過言ではないケースも存在します。

  1. 1日にいくらまで保険金が支払われるのか?
  2. 1年間に何回保険請求をできるのか?
  3. 1年間にいくらまで保険金を支払ってもらうことができるのか?

を加入前にしっかりチェックされることをおすすめします。

契約更新は何歳までできるのか?をチェック

ペット保険によっては、年齢制限を設けているものもあります。

例えば、犬であれば10歳くらいまで、猫であれば8歳くらいまでという保険は多く、保険によって違いはあるものの、規定の年齢に達した以降は契約更新ができないものも少なくありません。

ただ、人間と同じでペットも歳を取れば取るほど、病気に掛かりやすくなる傾向にあり、その分、医療費も高額になってきます。

最近は、もう少し高齢になっても契約更新できるものや、終身型などもありますので、加入前にチェックされると良いでしょう。

但し、ペット保険の場合、ペットが高齢になればなる程、掛け金が高くなる傾向にある上、加入前に獣医師による健康診断書が必要となるケースもありますので、こうした面も事前にチェックされることをおすすめします。

まとめ

ペット保険というのは、ペットと飼い主さんのニーズに合ったものを選ぶのが一番ですので「どの保険が一番良い」と断言することはできません。

但し、加入前にいくつかの保険を比較することは大切だといえますので、少なくても上記に挙げた3点は比較されることをおすすめします。

このページの先頭へ