ペットの病気・けが、治療費の相場はどのくらい?

No04-010

ある日突然やってくるペットの病気や怪我。

ペットの病気や怪我で動物病院を受診し、いざ会計の時になるとあまりの高額に息を飲んだなんて話は決して珍しい話ではありません。

しかし、実際にどのくらい高額なのか?
ありがたいことに今のところまだ、動物病院に病気や怪我でお世話になってことのない飼い主さんにとっては検討がつきませんよね。

ペットの急な医療費出費の為に、ペット保険を勧められても本当に必要なのか判断するのも難しいというのが正直なところでしょう。

そこで、犬と猫の病気の中でも起こりやすい病気の中から実際に掛かる医療費の相場を見ていきましょう。

但し、ペットの医療費は自由診療な為、あくまでも目安となることをご理解下さい。

急に掛かるペットの医療費の相場をチェック~犬編~

病名 治療費相場
腸炎 7~14万円
膝蓋骨脱臼 10~30万円
異物誤飲、気管支炎 13~15万円
水腎症、消化器系疾患 15~17万円
乳腺腫瘍、腸管閉鎖、尿膀胱の結石 15~20万円
椎間板ヘルニア 15~40万円
てんかん、中耳炎、外耳炎 20~25万円
白内障 24~26万円

上記に挙げた病気は、犬の病気の中の極一部となりますが、通院が長引けばその分、費用は嵩みますし、重症度によって投薬内容も変わる為、投薬量が多ければその分、高額になっていきます。

また、入院が必要になった場合には、別途入院費用が掛かります。

急に掛かるペットの医療費の相場をチェック~猫編~

病名 治療費相場
猫ヘルペス(猫風邪) 5~20万円
皮膚炎 1~3万円
異物誤飲 20~23万円
薬物誤飲 4~6万円
骨折 13~16万円
毒血症 17~19万円
膀胱結石 15~17万円
尿石症、膀胱粘膜剥離症 3~5万円
腎不全 15~17万円
膀胱炎 2~30万円
鼻腔リンパ腫 38~40万円

これらの病気は、猫の病気の中の極一部となります。

犬の病気同様、通院が長引けばその分、費用は嵩みますし、重症度によって投薬内容も変わる為、投薬量が多ければその分、高額になっていきます。

また、入院が必要になった場合には、別途入院費用が掛かります。

特に猫ヘルペス(猫風邪)などは隔離施設が必要となる為、入院となると医療費は一気に跳ね上がってきます。

ペット保険に入るか否か?医療費の相場を見て判断するのも一つの方法

以上のように、ペットの医療費というのは、病状によっても変わるものの高額傾向にあります。

その為、急な病気や怪我に費用面で対応するのが難しいという飼い主さんも少なくありません。

そこで、こうした急な出費に備えることができるペット保険に加入を検討される方が増えてきているのですが・・・

例えば、上記に挙げた相場を急な出費としてすぐに用意できるという飼い主さんであれば無理にペット保険に加入する必要はないかもしれません。

但し、ペットの病気や怪我は一度きりではないということを踏まえての話となりますので、既にペット用に毎月積立貯金を行っており、すぐに対応できる上、対応後も費用面での余力があるという場合となります。

ただ、こういった飼い主さんは少数派で多くの場合は、一度は何とかなったとしてもその後、通院が長引いたり年に何度か医療費が掛かるようになると、ペット預金が尽きてしまうというケースに陥りがちです。

ペットの病気や怪我というのは、急に起こることがほとんどですし、一度きりとは限りませんので、医療費の相場を参考に今後の医療費についてどのように対応していくか?ペット保険加入も視野に入れ考えることをおすすめします。

このページの先頭へ